Ravitマイスターの自己紹介

Ravitマイスター

【プロフィール】

都内20代サラリーマン。とあるマッチングアプリを運営する会社で2年ほどの勤務経験を持つ。あらゆるマッチングアプリで試行錯誤を繰り返した結果、最終的にRavitにたどり着く。前職での知見・ノウハウを活用し、マッチング数は半年で300人以上。そのうち、100人近くの女性とデートを重ねて、現在は活動休止中。Ravitを愛し、Ravitに愛された(?)男として、Ravitに関する情報発信を行なう。

なぜRavitについて書くのか?

「数多あるマッチングアプリの中からなぜRavitを選んだのか?」

そう疑問を抱いた読者の方は少なくないだろう。

私は上のプロフィールでも書いているように、サービスリリースから間もないRavitでそれなりの実績を出している。
しかし、私は別に容姿に長けているわけでもないし、特別トークが上手いわけでもない。
どこにでもいるようなサラリーマンである。

そんな私でも、一つだけ他の人があまり持っていない強みを持っている。
マッチングアプリを運営していた経験である。

前職時代にたくさんのアプリを実践し、モテるユーザーの特徴やどんなアプリが伸びてユーザーが今後増えていくかを研究していた。
仲違いもあり、あまり前職のことは詳細には書かない(書けない)が、私なりに調べ実践した結果、Ravitが「努力次第で結果も出るし、今後ユーザーが急増していくアプリ」であろうと思い、Ravitに関して情報発信していこうと決めたのだ。
理由は以下の通り。

  • スワイプしなくてもマッチングできる画期的な仕組み
  • サービス開始からまだ年数が経っていないため、ライバルが少なく勝ちやすいフェーズのアプリ

スワイプしなくてもマッチングできる画期的な仕組み

基本マッチングアプリは男女がともにスワイプをして、双方が「いいね」と思った時に初めてマッチングが成立する。
最初は一人一人のプロフィールを見て、

「この人はイケてる」
「この人は微妙」

と吟味をして、スワイプすることを楽しむ。
初めはそれで良いのだが、同じ行動を繰り返すことに飽きを感じない人間はいない。

だんだんスワイプすら面倒臭くなっていくのである。

よくあるのが、
1、丁寧に一人一人吟味してスワイプ
2、面倒臭くなり始め、全員に「いいね」を送る
3、スワイプすらしなくなる

というステップの踏み方だ。

そのスワイプの飽きを防ぐのがRavitのAIマッチングである。
Ravitであれば、登録情報をAIで分析をして、相性の良い相手と自動でマッチングすることができる。

就活生の性格診断の精度が非常に高いと言われるように、もはや人間の直感よりもAIの分析の方がより正確かつ速く相性の良い相手を見つけることができる。

そうなると、自然と人々は効率的に精度高く良い相手に出会うことのできるRavitのようなサービスに移行していくことが容易に想像できるだろう。

サービス開始からまだ年数が経っていないため、ライバルが少なく勝ちやすいフェーズのアプリ

マッチングアプリを使っていく中で非常に大事な視点がある。
ライバルがどれだけいて、自分が今どのあたりのランキングに位置しているか把握することである。

すでにサービス開始から月日が経っていればいるほど、アプリのユーザーも多くライバルがたくさん存在することだろう。

私が伝えたいのは「レッドオーシャンで戦うのか(=ライバルがたくさんいる市場で戦う)、ブルーオーシャンで戦うのか(=ライバルがほとんどいない市場で戦う)どちらが良いか」ということだ。
答えは言わずもがな、である。

このサイトを通じて実現したいこと

シンプルに一つだけだ。
Ravitに関するあらゆる情報をインプットしてもらい、Ravitで実践しRavitで無双してもらうこと」である。
一人でも多くの人々に成功体験を味わってもらいたい。
それが、今はRavitが適していると考えており、Ravitマイスターである私の役目だと考えている。

© 2020 Ravitナビ Powered by AFFINGER5